Now Loading...

最新記事一覧

低価格なだけの記事作成業者の危険性とは

低価格なだけの記事作成業者は、逆にペナルティになる危険性がある

低価格の記事作成のリスク

ブログ記事作成を依頼する時、費用はなるべく低コストで抑えたいとお考えの方も多いと思います。ですが、低価格の記事作成は単価が安い分、リスクを伴います。低価格の記事作成は、SEOコンテンツなどのノウハウを持っていないライターも多く、Googleはコンテンツの品質の良さを重視しているので、知らない内にペナルティを課せられ、結果として検索順位が下がってしまったり、最悪の場合検索結果から消えてしまった…などのリスクを伴う可能性があります。

記事を作成してもペナルティになる理由

ブログ記事をひたすら作成してブログの数を増やしても、コンテンツの質が悪ければペナルティを課せられてしまいます。こういったペナルティになるのは様々な理由がありますが、理由の1つとしてコピーコンテンツと判断された場合があります。現代はネット社会なので、様々な情報ブログがたくさん存在します。既に公開されているブログ記事内容と全くそのまま一緒の文章が使われていた場合、オリジナル性のない質の低いコンテンツだと判断され、ペナルティを課せられる場合があります。

記事を外注する際に、自社のサービスを理解して作成してくれているか

記事を外注する際に、自社のサービスを理解して作成してくれているか

その記事作成業者の書ける業種を確認

実際に記事作成を頼もうとしても、自分の業種を理解してちゃんと執筆してくれるのか?と疑問に思いますよね。そういった場合は、自分の業種を理解して書いてくれるライターがいるかどうかを必ず確認しましょう。プロのライターだからといって、全てのライターが全ての業種をプロ並の知識で書けるわけではありません。書けるもの・書けないものをきちんと回答してくれるかどうかも、信頼できる業者かどうか選ぶポイントの1つです。

記事を書く前にヒアリングがあるか

記事作成前に自社サービスについてや、どういった方向性の記事を書いていくかなどのヒアリングをきちんと取ってくれる業者かどうか確認しましょう。このヒアリングがあるかないかで、思っていたのと違う。や、自社サービスにない記事内容が書かれてしまった。などを防ぐことができます。
また、SEOコンテンツに強い業者であれば、要望を踏まえた上で、集客に結びつく効果的な策を提案してくれるので、SEOの知識がある会社かどうかも確認しておくことをオススメします。

記事を外注する際に、自社のサービスを理解して作成してくれているか

ライターに記事作成を外注する時の注意点

依頼したい記事の方向性を把握しておく

ブログ記事を依頼する際、どのような記事を書いてほしいのか、狙いたいキーワードなどは必ず作成前に伝えるようにしましょう。プロのライターとは言え、これらを相手に伝えなければ全てを100%再現することは出来ません。ある程度の方向性や希望を伝えておかないと、思い描いていた記事とは違い、何度も修正する事になったり、結果的に時間コストがかかってしまいます。なので外注するときは、きちんとコミュニケーションを取ってくれる会社であるか確認しておきましょう。また、マーケティングに強い業者であれば、記事の方向性や希望を伝えた上で最善の提案をしてくれるところもありますので、そういったサポートをしてくれる業者であるか確認しておく事もオススメいたします。

記事を書く前にヒアリングがあるか

記事作成前に自社サービスについてや、どういった方向性の記事を書いていくかなどのヒアリングをきちんと取ってくれる業者かどうか確認しましょう。このヒアリングがあるかないかで、思っていたのと違う。や、自社サービスにない記事内容が書かれてしまった。などを防ぐことができます。
また、SEOコンテンツに強い業者であれば、要望を踏まえた上で、集客に結びつく効果的な策を提案してくれるので、SEOの知識がある会社かどうかも確認しておくことをオススメします。

安くて高品質な記事作成サービスを選ぶ4つのポイント

  • ①ブログ記事をキーワードなどを意識してプロが執筆しているかどうか

    ブログ記事でWEB集客を成功させるには、SEOを意識したブログ記事を執筆してくれる業者であるかがポイントとなります。SEOを意識したブログとは、ユーザーが検索エンジンを使って調べるときに使う、「検索キーワード」を上手く取り入れてブログ記事を執筆してくいるかが重要です。ユーザーの検索意図やニーズを分析し、効果的な検索キーワードを組み合わせて情報ブログとして発信することで、ユーザーにとって有益で役に立つ情報を発信しているブログだと評価され、検索順位に上がりやすくなります。こういった効果的な検索キーワードを分析し、SEOを意識して執筆してくれる知識を持ったライターがいるか確認しておくといいでしょう。

  • ②記事の作成から、校正、コピーチェックなどのフローを取っているか

    ブログ記事納品までのフローとして、記事執筆だけでなく、校正・コピーチェックをきちんとしているかも確認しておきましょう。校正者がいれば、記事に誤字脱字などのミスがないか、間違った内容が書かれていないかの事実確認、文章としておかしい表現になっていないか等、執筆後の確認があることで品質を保つことが出来ます。また、せっかくミスのない良いブログ記事を書いていたとしても、それがコピーコンテンツであれば意味がなく、逆にペナルティを課せられるリスクがあります。納品する前にコピーチェックを行い、誤ってコピーコンテンツが納品されることがないようにしている業者を選びましょう。これらのフローをきちんと行っている業者であれば、一定の品質を保ち、クオリティの高い記事を納品してくれることが期待できます。

  • ③外注できるのが、記事の制作だけでなく更新や運用もプランに入っているかどうか

    近年、ブログ記事作成によるWEB集客への取り組みが当たり前になっている中、それに伴って記事作成をしてくれる業者もたくさん存在しています。その中でつい見落としてしまいがちなのが、ブログ記事の更新までや運用までをサポートしてくれる業者なのかどうかです。本業が忙しい中、定期的に止まることなくブログ記事を更新し続ける作業を継続して行い続けることは、意外と大変な作業です。せっかくブログ記事を作成したのに、忙しくて肝心の更新ができていない…という事になってはもったいないですよね。こういった状況にならないためにも、ブログ記事作成だけで終わる業者ではなく、ブログ更新・運用までサポートをしてくれる業者に依頼することで、本業の時間を割くこともなくブログ運用を円滑に進めていくことができます。

  • ④検索エンジンを意識したタイトルづくりをしてくれているかどうか

    ユーザーが検索エンジンを使って何かを調べたとき、その検索結果に表示されるどの情報からその記事をクリックしようと思うのか、ご存知でしょうか?多くの方は「タイトル」を見て自分の欲しい情報があるかないかを瞬時に判断し、クリックするかどうかを決めています。なので検索結果を見た時に、この記事には自分が欲しい情報がありそうだ。と一目で判断できるようなタイトルをつける必要があるのです。タイトルの文字数は35文字以内が推奨されているので、検索キーワードを上手く取り入れ、どのような記事が書かれているかをユーザーが一目でわかるようにし、ユーザーがクリックしたくなるようなタイトルを意識して作成してくれる業者を選びましょう。

最新記事一覧